« 多摩信用金庫Bobビジネスセミナー | トップページ | 囃子シーズン終了 »

2011年2月11日 (金)

コリアレポート編集長の話を聞いて

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子商工会議所新春の集いでした。

講演は、コリアレポート編集長の辺真一さんでした。

110211_17

経済・政治・外交は三位一体である。

経済を一国に従属すると外交も従属してしまう。

日本は現在外交がめちゃくちゃであり、これでは政治も経済も安定しない。

この様な話でした。

領土問題に関しては、国家の主権侵害であり、毅然とした態度を取るべきだが、第三国が介入してこない。

二国間で解決すべき事。

日本人はここを気づくべきだとのことでした。

例えば尖閣諸島。

誰も住んでいない島を守るために米兵は血を流すのか?

流さないでしょう。

アメリカも国連決議がないと戦争をやりにくい。

しかし、尖閣諸島については中国が安保理の常任理事国でいる限り安保理決議が出来ない。

この様な話でした。

北方領土も、ロシアは韓国に開発をさせようとしている。

この場合、日本は開発に参加した韓国企業に経済制裁を与えるべきだ。

それくらいやらなければ領土は守れない。

自分の国家の領土は、自分で守るという気概が日本人にないことが問題だと感じました。

北朝鮮との関係も、拉致被害者について、福田内閣の高村外相が北朝鮮の朴外相とASEANの地域フォーラムで再調査をする事と引き替えに、経済制裁の一部解除を約束した。

しかし、未だ履行されていない。

政権交代後、鳩山内閣当時の岡田外相が朴外相と同じASEAN地域フォーラムで会談しなかった。

理由は、韓国が哨戒艦沈没で怒っており、韓国をさしおいて会談できないという事でした。

韓国に遠慮して拉致被害者の話が出来ない国家で良いのか。

韓国は感謝したでしょうが、その結果北方領土が日本の領土であるということに支持をしてくれたか?

くれない。

日本の国益を損なっただけである。

日本の外交の現状はこんなもんだということでした。

東アジアの中で、日本は北朝鮮と組むべきだとのこと。

目から鱗のお話でした。

北朝鮮は経済制裁されればされるほど、中国に依存する経済になる。

経済の従属は政治の従属であり非常に怖い。

中国は旧満州を開発するに当たり港が欲しいが、ロシアと北朝鮮にブロックされている。

北朝鮮の経済開発を名目に、中国人が駐留する地域を警備するために人民解放軍を北朝鮮に駐留させるかもしれない。

そうすると、日本海に中国は軍港を持てるようになり、水深の深い海軍の基地を持てる。

こうなったら日本は大変だ。

日清戦争、日露戦争は朝鮮半島の支配権を巡る戦争。

これを忘れてはいけない。

朝鮮半島は日本にとって安全保障上も地政学上も重要な地域。

北朝鮮は中国を信頼していない。

むしろあれだけ非難されているイスラエルに対して全て拒否権を発動して制裁をさせない米国を信用している。

北朝鮮とは領海紛争も資源紛争もない国だ。

北朝鮮を日本が支援することにより、この地域における日本のイニシアチブをとり、日本の安定を目指すべきとのこと。

金正日は知日派であり、アントニオ猪木も引田天功も呼ばれていった。

金正日を日本に招待する事が拉致問題の解決の方法だということでした。

金正日という独裁者が決断しなければ拉致問題は解決できない。

経済的援助とともに、拉致問題を解決させることしか、拉致問題の解決はないとのことでした。

目から鱗の話です。

我が国の安定のためには、どうしていくのか。

日本人はもっと国際政治について興味を持つべきであり、そのことが政治の成熟につながってくると思いました。

是非皆さんも国際政治についてしっかりと考えてみてください!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 多摩信用金庫Bobビジネスセミナー | トップページ | 囃子シーズン終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩信用金庫Bobビジネスセミナー | トップページ | 囃子シーズン終了 »