« 第3回八王子商工会議所中期計画若手議員検討会 | トップページ | 東京マラソン完走者の話 »

2011年3月 4日 (金)

0か100かの交渉

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

労働組合との団体交渉は常に数件平行して行っている。

弁護士と共同で受任しているものもあれば、私と経営者で対応しているものもあります。

労働組合の活動は様々であり、それを否定するつもりはありません。

詳細はお話しできませんが、本当に当該労働者と意思疎通をして、訴訟になった場合の判決予測をして闘争しているのであろうかと思わざる得ない事例があります。

労働組合が求めれば、団交をやりますが、議論が0か100かのものであれば、どんなに団体交渉をしても解決はしません。

訴訟に至った場合の解決にかかる時間や判決予測を労働組合自身も理解していないのではないかと思われることがあります。

退職を前提に金銭的解決を図るにしても、判決予測から導き出されるものを遙かに超えた額を一貫して主張しても受け入れられないことは理解できるであろうし、本件についてそもそも解雇が無効と判断される可能性がどの程度あるのかという検討をしている形跡がない。

労働組合の顧問弁護士としっかり相談してくださいとお伝えしましたが、当該労働者も法テラス等の無料相談で、客観的な意見を聞いた方が良い事例もあります。

当然労働組合に加入しているので、当該労働者に「法テラス行ってみたら」なんて言えませんが、心情的にはもう少し労働組合がしっかりとした闘争方針を立てて交渉してくれれば、経営者側ももう少し歩み寄れるのに・・・。

こんな事件を某弁護士と抱えています。

早期解決のために、金銭的にはかなり譲歩しているのですが、この様な事を客観的に評価しなければ、無駄に長期化するだけです。

経営者側は何年かかってもかまいませんが、あとは労働組合の問題です。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 第3回八王子商工会議所中期計画若手議員検討会 | トップページ | 東京マラソン完走者の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第3回八王子商工会議所中期計画若手議員検討会 | トップページ | 東京マラソン完走者の話 »