« 日吉八王子神社八十八夜例大祭 | トップページ | 多摩センター店出店のお祝い! »

2011年5月 7日 (土)

人災である風評被害

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

5月5日は端午の節句。

菖蒲湯につかりました。

スーパーに行くと菖蒲に値段の差が・・・。

110507_1

110507_2

値段の差は茨城産と徳島産の産地の差。

これは風評被害というのであろうか。

風評被害というと、根拠のない風評によって被害を受けるということ。

政府の発表を国民が信用をしていないことがそもそもの原因なのではないか。

海外メディアや外国政府の発表の方を信用してしまう現状。

これは政府の発表のやり方が原因で起きている人災だと思う。

子供の被爆上限の設定値に納得できないと辞表を出した元内閣参与の会見を守秘義務を理由に中止にさせた政府。

被爆上限に自信があるのであれば、元参与に記者会見をさせて議論をすればいい。

そもそも被爆上限についての議論は透明である必要があり、その結論に至ったプロセスを公にして、批判に耐えうるものでなければならない。

辞任した元内閣参与の記者会見中止は、その批判に耐えられないと政府が考えていると推測できる。

この様なことでは、菖蒲のような「人災である風評被害」は収まらない。

子供を育てている親は不安であり、神経質になる。

妊産婦や乳児の親は尚更である。

外部被爆、内部被爆の上限や食品における基準値の妥当性については、その議論を後悔して、内外の専門家の批判に耐えうる結論でなければ人体実験に他ならない。

政府がその数値に自信があるのであれば、結論に至った過程を情報公開して、広く内外にアピールしていかなければならない。

それが出来ないのであれば、ますます「人災である風評被害」が世界中に広がっていき、経済的なダメージはますます大きなものとなる。

原子力のあり方を問うことと、目の前の危機を回避することとは、別の問題であり、別々に議論をしていかなければならない。

稼働中の原子力発電所を止めても、被爆上限の議論は解決しないのである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 日吉八王子神社八十八夜例大祭 | トップページ | 多摩センター店出店のお祝い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日吉八王子神社八十八夜例大祭 | トップページ | 多摩センター店出店のお祝い! »