« 多賀神社崇敬会総会 | トップページ | 社会保険実務の基礎の「キ」 八王子法人会 »

2011年6月15日 (水)

中国は海洋強国を目指し、海域支配権を強化との報道

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

香港の英字新聞サウスチャイナモーニングポストによると、中国海洋国家局劉局長が「劉局長は中国は海洋強国を目指し、海域支配権を強化すると誓った。」とあった。

尖閣、南沙諸島の支配権強化へとのことである。

尖閣諸島はまぎれもなく我が国固有の領土である。

南沙諸島もフィリピンからの米軍撤退により、地域のパワーバランスが崩れて中国の進出を招いたわけであり、我が国も民主党政権になり、米国との関係が悪化した結果中国の東シナ海における軍事活動の活発化を招いた。

亡くなられた中川昭一経済産業大臣時代は、既に掘削をしている中国と同様に我が国も資源開発を行う予定であったが、その後二階大臣、甘利大臣と親中派の議員が大臣となり、開発は進められなかった。

政権交代後も民主党自体が中国に大変気を使っている政党であるので進められていない。

政権の体質と、米国との関係悪化で一気に我が国の領土が脅かされる事態となった。

北方領土に大統領訪問をさせる事態や韓国の国会議員まで訪問されてしまう事態となったので、政権の体質そのものが招いた失態であろう。

今の我が国の繁栄は、明治維新後、日清日露の対戦、そして先の大東亜戦争において多くの尊い命が奪われた結果反映しているのである。

その先人達が、我々子孫のために命をかけて守った領土が民主党政権下において大変な危機に瀕している。

報道が事実であれば、中国は我が国の領土を侵略すると宣言していることとなり、到底許されるものではない。

震災や原発の復興もさることながら、今我が国が中露韓の三か国から受けている我が国固有の領土に対する侵略についてもしっかりと考えなくてはならない。

政府の報道が信じられないと言っていて、自ら調べることをしないマスコミも含めて、我が国の問題点を変えていくには、まずは独立国家としての気概を持つことから始めるべきだと思う。

この記事は、香港の英字新聞の記事ですからね。

日本のマスコミは重大な事項として報道すべきでしょう。

ウォール・ストリート・ジャーナルには、南沙諸島における中国軍事力増大に関する記事が

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110615-00000009-wsj-bus_all

今現在日本の報道機関でこの記事を書いているところはありません。

国内のマスコミはスルーして、海外メディアしか読まない時代も来るかもしれませんね。

自分の国は、自分で守る。

この視点が戦後欠けていた日本人の意識であり、今の日本の現状を生んだ意識だと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 多賀神社崇敬会総会 | トップページ | 社会保険実務の基礎の「キ」 八王子法人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多賀神社崇敬会総会 | トップページ | 社会保険実務の基礎の「キ」 八王子法人会 »