« 出版社との打ち合わせ | トップページ | 中小企業は社会的に弱者であることを理解すべき »

2011年10月 6日 (木)

議論のトリック

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

小沢一郎民主党元代表の裁判。

「裁判を打ち切るべき」とはいただけない。

検察審査会による強制起訴は国民の権利であり、無実であれば裁判の場で堂々と争えば良い。

それが嫌であれば、法律を変えるしかない。

小沢総理が誕生したら本当に変えそうなところが恐ろしいですが。。。

政治資金規正法とは、政治資金の入りと出を明らかにすることにより、政治資金の透明化を目指すというもの。

小沢元代表は4億円ものお金の流れを明確に説明できていない。

裁判の場で明確に説明すれば良いだけの話。

これを政権交代を恐れた云々は議論のすり替えも良いところ。

私も法律に携わる仕事で、相手方と議論をします。

また、提案をさせて頂く場合も議論をします。

この議論では前提条件をはっきりしなければなりません。

実務家であれば絶対にやらなければなりません。

これをやれなければ、思想家や無責任なテレビのコメンテーターになってしまいます。

地球平和や男女共同参画など、大きな話をする場合に、10のうち9は理屈にかなっている。

しかし1は大きく飛躍していて実現不可能という文章に触れる機会が多いです。

9がどんなに正論で実現可能性があっても、1の部分が実現可能性がなければそれは絶対に実現しません。

この様に議論をするには前提条件を明確にする必要があります。

そして、実現可能性を検討するべきです。

例えば「国境がなくなれば」という前提の話。

この実現可能性は?

理想と頑張って実現できる事を混同してしまっては議論になりません。

ただ単に理想を熱く語っているに過ぎません。

小沢元代表の初公判の記事を読んでいると、議論のトリックの話をしたくなりました。

議論を進める場合、この様なトリックを意図的に使うことがあります。

話をすり替えることもこのトリックでしょう。

小沢元代表が無罪とする主張は、捜査方法の問題。

証拠がないんだから無罪という主張。

これはこれで大切なことです。

しかしながら、本当に罪がないと思っているのであれば、そこで争うのではなく「4億円の出所と、資金の流れ」を明確に説明すべきであり、それで勝ち取った無罪であれば政治的な疑惑も晴れるでしょう。

しかし、捜査方法や証拠についてをオフェンスで使って無罪を勝ち取っても、それは有罪に出来る証拠がないということが確定しただけで、無罪ということが確定したわけではない。

話がすり替わっているのです。

本当に小沢元代表が無罪と主張するのであれば、堂々と4億円について説明をして欲しいと思います。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 出版社との打ち合わせ | トップページ | 中小企業は社会的に弱者であることを理解すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出版社との打ち合わせ | トップページ | 中小企業は社会的に弱者であることを理解すべき »