« 100万人に1.4人は少ないのか? | トップページ | 流通業の過去と未来の講演を聴いて »

2011年10月20日 (木)

自転車が車道を走ったら危ないでしょ?

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

警察庁が自転車の歩道走行禁止を徹底するとの報道。

自転車のモラルは悪い。

特に両耳にイヤホンをつけて音楽を聴きながら自転車を運転している人は極めて危ない。

その様に原付を運転している人がいるからもっと驚きだが・・・。

自動車については無過失で責任を問われる無過失責任主義である。

自動車の運転により事故を起こしたものについては、過失の有無に関係なく刑事上の責任を負うこととなる。

飲酒運転やスピード違反といった死亡事故と直結する危険運転は当然厳罰に処すべきであり、飲酒運転により幼い命が奪われるといった報道に接すると胸が痛む。

しかし近年の自転車運転のモラルの低下を見ると、自動車運転者にだけ刑事責任を負わせることが事故の抑止につながっているのであろうかと思う。

自転車運転者にも厳格に法の適用はされるべきであり、また、自動車対自転車の事故についても自転車運転者が適切な行為をしていたかどうかもっと検討をすべきであるし、場合によっては自動車と自転車の事故であっても自転車運転者に相応の刑事責任を負わすことも検討すべきであると考えている。

それをもって自転車運転者に自覚を促し、交通事故の抑止という大きな目的を達成することは現実的な政策であると考える。

今回の報道では、自転車の歩道通行禁止の徹底により事故の抑止につなげようというもの。

これは一面において正しいが、自動車と自転車の関係についての危険を検討していない。

自転車の歩道走行について黙認されていたことから、歩道と車道の設計が黙認前提でつくられている。

道路の改修工事でも、歩道は拡幅され、車道が狭くなるということが多い。

車道走行を自転車が行う場合には、この黙認を前提としてつくられた車道を通行することとなる。

ロードレース用の自転車が集団で車道を走行し、自動車を運転していてひやりとした経験がある方は多いであろう。

東京の道路は狭い。

特に南北交通の道路は片側一車線が殆どである。

また駐車違反車両をよけるという動作が必要になる。

これも非常にやっかいである。

現状の車道に一般の自転車までなだれこめば、車道での自動車と自転車の交通事故が増加することは目に見えている。

歩道内に自転車通行帯をつくることが現実的な道路区間が多い。

仮に車道に自転車通行帯を設置したとしても、たった一台の駐車違反車両でその役割は機能しなくなる。

簡単なような話であるが、歩行者、自転車、自動車との3者がそれぞれの関係において安全が確保されるようにしなければならない。

インフラ整備を含めて行っていかなければ、自転車と自動車の事故は増加してしまうことは明らかであろう。

現行法が自転車は車道通行が原則なのであるから、役人に任せるのではなく、政治の場で最適な方法を議論すべきである。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 100万人に1.4人は少ないのか? | トップページ | 流通業の過去と未来の講演を聴いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 100万人に1.4人は少ないのか? | トップページ | 流通業の過去と未来の講演を聴いて »