« 賞与の決め方 | トップページ | 安倍晋三元総理と勉強会 »

2011年11月30日 (水)

人事考課者研修

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

トヨタ自動車が若者をターゲットに「86」という車を発売するらしい。

この車は、私が免許を取った時に車好きの先輩が中古車で乗っていた記憶があります。

若者が車離れをしているといわれていますが、これは間違いで、若者が買いたいと思う車がないという発想で考えなければ車など売れません。

百貨店の衰退が若者をターゲットとした戦略を出せていないという点と共通です。

車は絶対に便利であり、そこにファッションが加われば売れないはずがない。

車に乗るとかっこいいと思わせることが大切でしょう。

我が国の重要な産業である自動車産業が国内でもしっかりと商売が出来るように、しっかりと戦略を立てて頑張ってほしいと思います。

そして今日は社会福祉法人太和会の人事考課者研修。

今日はプラス評価の事例検討。

実はマイナス評価より、プラス評価の方が難しい。

その事案は、プラス評価をするほどのことなのか、やって当たり前なのか。

ここをしっかりと検討しなければなりません。

イベントが成功して、充実感を得ました。

この充実感が人事考課では邪魔をしてきます。

客観的な視点を阻害する要因だからです。

充実感を得ることは大切ですが、それによってそのイベントを担当した職員の評価が大きく上がるという場合には、冷静に再考する必要があります。

今日の人事考課者研修ではこの点を十分に理解をして頂きました。

出来て当たり前、やってもらわないと困る。

この基準をしっかりと考課者間で共有することが大切なのです。

この様な事をお話ししてきました。

人事考課者研修で、私はあくまでコーディネート役です。

考課者が自分の意見を述べるように誘導することが私の役割。

これをやっていかなければ人事考課は有効に機能をしません。

賞与の決定時期です。

人事考課は道具であり、それを運用するのは考課者です。

ゴルフでいうと、クラブが良くてもゴルフは上手くなりません。

大切なのはクラブの使い方。

人事考課も同じです。

人事考課者研修は何よりも大切なことなのです。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 賞与の決め方 | トップページ | 安倍晋三元総理と勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 賞与の決め方 | トップページ | 安倍晋三元総理と勉強会 »