« 社会福祉法人太和会理事会及び評議員会そしてソフトボール | トップページ | 人事考課者研修 »

2011年11月29日 (火)

賞与の決め方

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

賞与の支払時期です。

賞与の決め方についてご相談があります。

今年のよその相場はどのくらいですか?

この様なご質問をよく受けます。

この世間相場は意味がありません。

まず自社の売り上げと利益の前年対比。

去年より売り上げが上がっていれば、昨年の冬期賞与をベースとして支給しなければなりません。

何故か?

これは社員の方は、企業の業績と賞与を連動させて考えます。

そして売り上げの増減は社員にはわかります。

売り上げが増えているのに、賞与が減る場合には、しっかりと説明しなければ社員のモチベーションは下がります。

法律上は、賞与は支給額が決まっていないものとなっていますから、慣行として長期にわたり基本給の数ヶ月分等の決め方をしていた場合には、それを引き下げる場合には不利益変更と主張される恐れがありますが、その様なケースでなければ、経営者が自由に決定できます。

人事考課をしっかりと行えていれば、面談等のコミュニッケーションによりモチベーションの問題は解決できるかもしれません。

しかし人事考課は、人事考課者研修をしっかり行わなければ形骸化してしまいます。

この様な状況であれば、前年売り上げ対比で横ばいなら、賞与も横ばい。

増加しているようであれば横ばい以上を基準に考えて行くことが賞与の納得性を高めることです。

これをやめたい場合には、人事考課制度を導入するか、他の要因、例えば新規事業の立ち上げや投資により資金需要が多く、賞与の原資を減らさなければならない等の説得力のある理由を伝えなければなりません。

ほかにも色々と方法や考え方がありますが、お悩みの際はご相談ください!

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

就業規則.com
http://www.sr-syuugyoukisoku.com/

blogramこのブログの解析を御覧になりたい方はこちら

|

« 社会福祉法人太和会理事会及び評議員会そしてソフトボール | トップページ | 人事考課者研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会福祉法人太和会理事会及び評議員会そしてソフトボール | トップページ | 人事考課者研修 »